天文館の男達2 (マスターの独り言)

« 天文館の男達1 | メイン | 天文館の男達3 »

天文館の男達2

街のクラブ・スナックで働いているホステスさん方はお仕事です。  多くの方がはっきり言って擬似

恋愛を商売にしています。  当然です。  1回1回真剣にお付き合いしていたら身体も心も持ちま

せんよ。  多くのお客様に 「カッコいいですね」  「素敵ですね」  「あなただけよ」 を言わなけれ

ばなりません。  当然です。  仕事ですから。  多くの男性も判っちゃいるんです。  でも自分だ

けは特別だと思っていたいんですよ、 男は。  が、 しかし・・・ 。  私は知っています。  夜の

天文館で働く者として、 そこから本当の恋愛感情になる確率の低さを・・・・。  アグレッシブな男ほ

ど、 高い山は登りたがり、 夢を追い、 見事に砕け散る(失礼)。  だが笑うことなかれ、 苦難が

多いほど男は成長するのだから・・・・(と思いたい)。              続

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bar-sd.com/blog/mt/mt-tb.cgi/22

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年06月29日 17:43に投稿されたエントリーのページです。

Previous「天文館の男達1

Next「天文館の男達3

Blog Top >>
Archive >>

Powered by
Movable Type 3.35